2nd mini ALBUM
黄太郎
Now On Sale ! !
5曲入り
+ボーナストラック3曲(6,7,8曲目)収録
1曲255円(ボーナストラックも購入可)
/アルバム1,375円(5曲分のお値段!)
/ストリーミングサービス
※配信のみの商品となります。
青太郎より約二年ぶりの新作!はるか昔に作った曲から、最近の曲まで。さまざまな時代のシンガーソングライター荒井翔太郎をお楽しみください。
三部作ミニアルバム
第二弾、黄太郎!登場!

配信はこちら

荒井翔太郎 

Tune Core Japan アーティストページ

https://www.tunecore.co.jp/artist/Shotaro-Arai

​迷子の羊

作詞・作曲・編曲 荒井翔太郎

 

木漏れ日 落ちる森の

水辺のオルゴール

Sun of gold 緑の匂い

さなぎは蝶になる

すこしやすんだなら

届けるよ海をわたり

あの真綿雲こえて

届けるよ銀のホイッスル

あなたの部屋に

この先東にまがれば

見えるはず あの島が

-Where is my goal ?

Does anyone know the way to control ?

An encyclopaedia is all

But to me, believing it is so small

I want to see you I'm a sheep from Greece

Around I'm feeling you at near sea- 

道に迷って笛をふいたのさ

ねぇ教えてよ Yellow Bird

ぼくはどこへ... 

教えるよ夜をこえて

あの星座の向こう側さ

教えるよでも今は眠ろう

旅は長い

いこうよ誰かが待ってる

今日か明日か 明後日かって

届けるよ銀のホイッスル

あなたの部屋に

La la   la la   la la   la la la

La  la  la  la  la  la  la  la  la 

Jamilla

作詞・作曲・編曲 荒井翔太郎

 

僕は怪獣とても強いぜ

建物は壊すし100 万度の火もはくぜ

だけど本当は人間なんだぜ

大声で笑うし悲しいほどの恋もしたぜ

 

なにかをよくするため

だれかをまもるため

あの日、宇宙へと飛び立った

そのはずだった そのつもりだった

僕は怪獣とても醜いぜ

ガサガサのからだで耳障りな鳴き声さ

だけど本当は人間なんだぜ

覚えちゃいないけれど家族だっていたはずさ

 

とおいみらいのため

まだみぬきぼうもとめ

 

あの日、宇宙へと飛び立った

 

僕は消えてしまったもう消えてしまった

どんなに叫んでも誰も気づきやしない

悪いやつらのせいだ悪いやつらがいるんだ

本当のこと隠して全部都合いいように

 

そのはずだった

そのつもりだった

僕はここにいるよまだここにいるよ

どんなに叫んでも誰かを傷つけてしまう

我を忘れてふるいおとす悲しきパワー

崩れてゆく何かが今僕は立派な怪獣

なくした心はどこへ向かうの?

誰かとつながるの?

でもこの爪で牙で

ふるさとを破壊 ああ制御不能

もうやめておくれよ ああ幕引きの夕暮れ

僕は怪獣

ヒーローにたおされるエピローグ

R.I.P

​街角の魔法使い

作詞・作曲・編曲 荒井翔太郎

 

雨に濡れたオレンジ色の街で

嘘をくれた君は愛もくれた

ねぇ まだいいでしょう?

ふたりきりで喋りましょ

逃した夢たちも夕飯までには戻るわ

おおきく伸びた影 

届かないまま 何歳になっても

立ちこぎブランコの音

滲むように重なっていくの

通い慣れた公園通り抜けて

少し遅刻 君はもういない

ねぇ まだあるでしょう?

お気に入りの万華鏡

忘れた思い出も宙返りして踊るわ

あの日のままずっと 

居残りしている笑い声たち

目隠しかくれんぼのオニ

振り返ったら時を超えて今...

 

 

いつか出会う もう一度

わたしはあなた 

魔法のような空間にやさしく包まれて眠ろう

 

 

ふたり並んで

おおきく伸びた影 

届かないまま 何歳になっても

立ちこぎブランコの音

滲むように重なっていくの

あの日のままずっと 

居残りしている笑い声たち

目隠しかくれんぼのオニ

振り返ったら 時を超えて今...

a.mジェネレーション

作詞・作曲・編曲 荒井翔太郎

 

駆け抜ける Slender Girl

色あせない Pop Tunes

スパンコールきらびやか 夜の街に溶けてゆくのさ

揺さぶって8 Beat 

起こされた Remember Me

アバンチュール胸騒ぎ 夜の街に逃げてゆくのさ

Don't stop the music  Turn up the volume

とびきりさ 

踊ろうよ Dance Dance Dance  汗の乾く間も惜しんで

ステップ&ターン ジャンプ ハンドクラップ

車のベッドで Sweet Child

 

 

忘れ去られた Paper Moon 

海をこえてく Head News

モーニングコール遠い世界 夜の夢はまだまだ終わらないさ

 

その視線 Sex Appeal 

憧れさ 80's

スパンコールきらびやか 夜の街に溶けてゆくのさ 

 

Don't stop the music Turn up the volume

とびきりさ

 

踊ろうよ Dance Dance Dance  汗の乾く間も惜しんで

ステップ&ターン ジャンプ ハンドクラップ

車のベッドで Sweet Child

 

 

一夜限りの Top Star 

恋に溺れた Seventeen

ペンキ塗りの衣装脱ぎ捨て 夜の街へ 夜の街へ

駆け抜ける Slender Girl 

色あせない Pop Tunes

ミラーボールまわしてさ 夜の街が終わる前に

まだ終わらないまだ終わっちゃいない

あの頃から続くこの夜の呼吸

深く深く沈み 軽く息弾み

駆け抜けるように過ぎ去ってく光

​聴こえるよあの時代の流行歌

あてもない街をどこまでも行こうか

追いかけて追いつけなくて何かに追われ

誰かに抱かれ誰かは僕になる

かぜをひいた日

作詞・作曲・編曲 荒井翔太郎

 

静かな時間 

こんな時間あったんだ 

 カーテンは閉まったまま 濃いブルー部屋にスルー 

  

天気はよさげ光のどけき 

漏れる隙間うとましくて

寝返りうった 

  

ぼーっとしてる ぼーっとしてる

  すこし 熱があった  

  

静かな時間 

こんな時間ほしかった 

  

本日のお仕事は つらいです休みます  

はらひれほろとバタンQ星人 

からのこの音はしまった. . .(今日は火曜 )

ゴミ収集車 

ぼーっとしてる ぼーっとしてる

  すこし 熱 上がった 

夢を見て Oh 幼い頃の夢

学校帰りアイツらが届けてくれた

  

授業の中身それはさておき 

思い返す今日の献立

給食の献立 

 

 

そ こ で 

  

目が覚めた 目が覚めた

うすぼんやりとしてる

夕暮れを超えて

ぼーっとしてる ぼーっとしてる

お腹すいたかもね〜

なんもないけどね!

ベイベーどうしても

作詞・作曲・編曲 荒井翔太郎

 

オシャレ着込んでさ

繁華街 Boys & Girls

ひと際目立ってる

あの娘に

Uh...今夜 今夜 今夜 今夜 今夜

ベイベーどうしても

Uh..Love love love love

マルボロ切らしてさ

映画館 Pop & Corn

はじけて笑ってる

あの娘に

Uh...今夜 今夜 今夜 今夜 今夜

ベイベーどうしても Ah

ギャロップ気まぐれな

喫茶店 Pony & Tail

そっぽ向いてしまってる

あの娘に

Uh...今夜 今夜 今夜 今夜 今夜

ベイベーどうしても

どうしても... どうしても

Uh..Love love love love   

Love love love love   

Love love love love   

Love love love love...

素敵な今夜

作詞・作曲・編曲 荒井翔太郎

明日は久しぶりの休みをとったのさ

今夜はとても楽しい気分になれそうな気がする

どっかいこう ねぇ 

今夜どっか行こうよ 食事でも映画でも

ダンスでも踊ってみせるさ

どっかいこう ねぇ

君の知らないどっか 連れてってあげるよ

ほら 今夜どっか行こうよ

いつもは帰って明日の準備をするのさ

だけども今夜はその必要はないんだ

どっかいこう ねぇ

今夜どっか行こうよ​ 散歩でもドライブでも

ボーリングでも気どってみせるさ

どっかいこう ねぇ

君の知らないどっか 連れてってあげるよ

ほら 今夜どっか行こうよ

急な誘いにも彼女5分遅れで待ち合わせ場所

風になびくワンピース

Oh...pretty woman

どっかいこう 

ねぇ 明日もどっかいこうよ

このままずっと ねぇ Wow

夜を明かそうよBaby

 

どっかいこう ねぇ 

君の知らないWonderful world

連れてってあげるよ

ほら 今夜どっかいこうよ

Everytime, there is a song

wherever you are

作詞・作曲・編曲 荒井翔太郎

 

遠くに見つけた 名も知らぬ星に

願いをこめて歌う まだ名もつかぬ歌を

寒空に月は白銀 襟を立て歩く帰り道

ため息まじり 駅前の人々

同じ星に祈る 昔の彼ら彼女らは

何を思い何を歌い 誰を愛したんだろう

まだ知らぬ世界の地図 機械科学 未来の歴史

自然のまま恵みも災いも 皆共に生きた

真夜中へと向かう車 走らせ

海の風探し 思い出巡らす

若い僕らは同じ歌を歌い 恋を語る

あの頃の道 懐かしい写真 手紙の筆跡

強い日差しで 朝を迎えるある国

いつもどおりの 食卓に家族が集う

泣き声が響く 産まれたての面影ある君

母の手に抱かれあやされる歌は いつまでも

心に  響く

太陽の名の闇に 世界は覆われた

世界中の声は 大きな歌になる

だけど時代は富や名声に溺れる 種を選んだ

だけどあなたの夢 日々の栄光は消えやしない

目を覚ます いつもどおり隣で眠る

君の頭をそっと撫で 鳥がさえずる

今日の夢はよく覚えてる しばらくの友人らと宴 

今はまだ...その日まで 僕は歌を綴る

この地球に 思いを馳せる

豊かな青と 緑に包まれたこの惑星

生存過程でのこれは業か 数十億年続く

それでも僕らは知る 愛の歌 命の歌を

闘うあなたに ありがとう

気づかされる 日常の愛しさ

家の窓から見る星は まだ寒そうで

君は何かつぶやいた

桜も懐かしい 巡る季節の中で流れる

 

歌は あの歌

TuneCore.png